宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

ゆみこちゃんディナーショー ~ワタシ的グダグダ語り~
ん~…
まだ夢現な状態です(え?ちゃんと仕事できているのか!?)

頭の中を『愛!』と『Love Letter(オリジナル)』がグルグル・グルグル…
(2回しか聴いていないのに頭の中をグルグルするって、すごくないですか!?ゆみこちゃん=彩吹真央さんったら、どんだけ歌伝える力に長けているのかしら☆)
(いつもの私なら、2回聴いてやっと耳に慣れる、ってカンジです^_^;)


アクセス解析から察するに、みなさまの、ゆみこ(彩吹真央さん)ディナーショーレポ期待感が並々ならぬカンジなのですが…
記事にできていなくてスミマセン||||(_ _。)…

お茶会レポみたいに詳細を…とも思いましたが
ゆみこちゃんの歌声のあまりの素晴らしさに、私なんかが表現しきれるはずもなく…(語彙が少ない&表現力乏し過ぎ)
ちょっと躊躇していたらこんなありさまでして

本当に心苦しいです…

いろんなブロガーさんがレポして下さっていますので
どうぞそちらへ行ってみて下さいませ<(_ _)>


で、簡単に書けるネタ(笑)
ホテルについて
第一ホテル東京
正直、20日ディナーのサービスはヒドかった!
まぁ、”どんだけ!?”ってくらい詰め混んだ客席だったので、フロア係りさんたちもやりづらかったでしょうけれど~
ドリンクも言わなきゃ持ってきてくれないし、パンもおかわりできなかった(ソコ!?笑)
椅子やら背中にトントン当たってくるしさ
21日の昼は、ちょっとは慣れたのか、また、少ぉ~し客席に余裕もあったのか、普通なサービスでイラッとはせずにすみました~

今まで行ったことのあるDSが、オータニやら帝国やらインターナショナルやら、一流どころばかりだったので、第一ホテルのサービスにはいろいろビックリしたなぁ
頑張れ、阪神阪急グループ!!

メニューは…
前に行った、このホテルのランチブッフェのほうが美味しかった♪(爆)

文句はソコソコに…(十分言ってるし)


トークを中心にザザッと羅列。もうネタばれしてもいいしね♪
相変わらずのニュアンス&妄想記事です。ごめんなさい(汗)
1回目も2回目も関係なくゴヂャっと書きます
ふざけつつ・ときに真剣。まとまりない文体でスンマセン!

たたみます<(_ _)>↓↓↓

・半径1.5mくらいの距離でマイクを使ってメンバー紹介する段取り感がこそばゆい(笑)
 「コマ♪」って言い方とか極上の笑顔とか、それを受けるコマちゃん(沙央くらまさん)の照れ臭そうな表情とか
 さゆちゃん(大月さゆさん)を「なっちゃん」呼びするゆみこちゃんとか
 たわいもないことにニヤけた
 私も「なっちゃん」って呼ぼうかなぁ~☆

・『It's All Right With Me』を紹介するときの「何があっても大丈夫!前向きに行こうっ!!」っていうのがゆみこちゃんっぽい♪

・『Home』でしんみりさせといて、『ラブソング』で追い打ちかけといて…
 間奏で「私のもう1度エリオットに会いたい、という夢が叶いました」とおもむろにメガネ装着(^0_0^)スチャッ
 ひーきょーおーーーっ!!
 それ禁じ手だわよぅっ!!!
 こんなに泣かせといて、次には笑わせるかっ!?(そう、私は『Home』から号泣でした。爆)
 せっかくのメイクがぐちゃぐちゃぢゃんかぁーっ!
 でもね、ゆみこちゃんが歌い出すとまた泣けてしまって…
 ゴージャスショー衣装にスクエア眼鏡でエリオット。シッチャカメッチャカなシチュエーションなのに、彼女の歌にかかればひとたまりもない
 一気に『銀薔薇』世界に連れ去られました°・(ノД`)・゜
 さゆちゃんも、あのときより綺麗な歌声で、気持ちよく2人の世界を楽しみました

 歌が終わって、ちょこっと前かがみになりさゆちゃんに眼鏡を外してもらうゆみこちゃんがちょっと嬉しそうで、さゆちゃんも楽しそうで、ほっこりしたなぁ~(○´艸`O)


ここから怒涛のヅカソングの応酬で、圧倒されつつ涙が止まらない…
(『愛の墓標』と『愛のかたち』は名曲だよな~と思う反面、公演自体にいい思い出が見出せないもので、ビミョーな気持ちになりました…。が、2曲も『ベルばら』入れてくるということは、出演できたことが本当に嬉しかったんだなぁ~☆と実感させられました。ならば私も愛そうじゃないか、『外伝ベルばら』を!!…つ・つらいけど…)

どの曲も、公演が違えば設定が違って、歌詞がメロディが、全てが違う。それはそうなのですが…
ゆみこちゃんが歌うと、その違いがさらにクリアになって伝わってくるんです
歌っているゆみこちゃんの気持ちがダイレクトに感じ取れて、歌の表す情景が眼前に広がる

私がいたのは確かにホテルの会場で、周りにはたくさんのお客さんがいるはずなのに
感覚としては、感じるのはゆみこちゃんの歌声とゆみこちゃんのいる方向から射す光だけで、それが私を包みこみいろんな場所に運んでくれる…
なーんか不思議な体験しました、はい

エグエグいいながら(オイオイ…)泣いてるのに、心はとても温かく気持ち良かったです

・『愛!』の紹介で、作者の寺田先生のモノマネするゆみこちゃんがカワイイ(*´∀`)
 音楽学校の授業で先生がこの歌をうたって、「知ってる人?」って聞かれたので「ハイ(・∀・)ノ!」って手をあげたら自分だけで、小さい頃から宝塚が好きだった自分にとっては”名曲”で、みんなが知らないのが不思議なくらいだった、とか
 どんだけヅカヲタなのっ!!

 歌の上手い人は「♪愛は」の”あ・い”、”あ”に愛=心がこもっている、と教えて下さったそうです
 それを関西弁で再現してくれるゆみこちゃんが…かわい過ぎっ∩(´∀`∩) ワッショーイ

 その言葉が忘れられず、ずっとそれを意識して歌っているんですって☆

公演でもそれほど見ることのない、汗だくのゆみこっ!!(はぁはぁ)(←ヘンタイ!)
頭から滝のように汗が流れていました(2回目にはハンカチ準備オッケーイ!笑。「ちょっと失礼します」って拭いてました)
メンズダンサー(BUGsとかBUGsとかBUGsとか…)の滝汗も見てて気持ちイイですけど、ゆみこちゃんの汗は綺麗だなぁ~(だからっ!ヘンタイっ!!Houseっ!!!)

コマ・なつカップルの『Love letter』、サイコー・可愛いっ(///∇//)!!
コマちゃんはベビーピンクなスーツにグレーのシャツ
なっちゃん(はい、影響されやすい人)はピンクのふわふわスカートワンピ(”ハートダンス”のときみたいの。スカートはあれより短くて、さらにキラキラしてましたけど)。白のレース手袋が似合い過ぎっ!
「♪シャラランラン・ラ・ラ・ラン・ラ・ラ」って、も゛ーーーなんなのぉ~~~☆
デレデレし過ぎた(*´-ω-`)…

・『Smile』でバンドさんの紹介
 …&3人で楽器演奏披露
 なっちゃんがドラム(!?)
 コマちゃんがキーボード
 ゆみこちゃんはトランペット!!
 (ゆみこちゃんの衣装はライトグレーのスーツにピンクのシャツ。2回目のとき、途中で上着を脱いでました。シャツ姿がカッコイイのよねぇ~。はあと)

 「ちょっとパフってなっちゃいましたぁ~(* ̄∇ ̄*)エヘヘ」な照れ笑いに胸キュン☆

 構成を相談していたとき、ちょっとマッタリした雰囲気になっていて(行き詰っていたのねん。爆)
 「私、トランペットが吹けますー」ってペロッとこぼしたら、三木センセがガッツリ食いついてきて(笑)、いいね・それ!やろうっ!!ということになったらしい

 ゆみこちゃんは中学3年間ブラスバンド部に所属していて、トランペット担当だったそうな
 入部時の希望は”乙女チック”なフルートだったけれど競争率が高く、ゆみこちゃんの唇を見た先生の「君はトランペットだ!(ビシッと指差し)」な一声で乙女路線から外れちゃったんですって^_^;

 「でも、おかげで肺活量が鍛えられましたぁ~☆」
 ということで…顧問の先生、ありがとうっ<(_ _)>!!

 たま~にプクッってなるほっぺが見られて得したよん♪(だって、可愛いんだもん。笑)

 コマちゃんは4歳からピアノを習っていたんですって(スゲー)
 ナントカってスゴイ(らしい)曲も弾けたらしい(全然やらなくなって今は弾けない、と)
 音楽学校時代、バイエルも終わらずに卒業してしまったゆみこちゃんにとっては憧れの的☆みたいです(え、意外Σ( ̄ロ ̄lll)。ピアノ弾けるものと思ってました…)
 ちょっと自慢げなコマちゃん☆
 
 ゆみこちゃんは、弾き語りができたらいいなぁ~、とおっきな電子ピアノ?を買ったけど、今や物置と化しているそうです<(_ _)>残念っ

 なっちゃんは学生時代にドラムをやっていたそうで
 「出来る、とは言ったのですが、こういうの(ロックバンドのドラマーみたいな動き。連打するやつ)だったらどうしよう…と思って(-_-;)」
 リズム良く叩いてましたよ~ん♪

 ゆみこちゃん、「♪Smile~」って言うときに両手を顔の横に持っていくのですが、そのときの手が拙くていじらしいのよねぇ~ん(はあと。褒めてますよ!!)

 美声&豊富な声量で客席を煽り、ニコニコ笑顔な客席降りもあり、大盛り上がりでした♪

 DSの感想をコマちゃんとなっちゃんに…
 コマちゃん「緊張して舞い上がり過ぎて、よくわからないうちに終わっちゃいました」(ふわふわジェスチャー付き)
  2回目は少し楽しめていたようです♪
 なっちゃん「私も緊張して。『Home』で手を前に出したのですがブルブル震えていてお客さまがビックリしちゃう!?と思って引っ込めちゃった」んですって!かーわーいーいー♪
  2回目は「大丈夫だった、と思います!」(客席拍手~)

 「新橋の酔っ払いサラリーマンに届け!」とか「新橋のサラリーマンのみなさんとOLさんに届け!」とか、いちいちこじんまりしているのがウケる
 もっとデッカク言っちゃってもよかったんでない?(笑)
 みんな謙虚ねぇ~

 ゆみこちゃんが、「みなさんからの愛を押し込んでっ!」でピヨ?ってなってるのが激烈に愛おしかったのーーーっ!!
 詰め込んで、とかじゃないのかい?(笑)
 「重くて背負いきれないくらいの愛を持って帰って下さい」とか
 なんか、ゆみこ語録がいちいち心をくすぐってくれました

 ”愛”について話す彼女は、本当にキラキラしていて幸せそうでした


オリジナルソングの『Love letter』…
あの空間に閉じ込めて大切にしまっておきたいほどの、私の大事な宝物です
(一人称が”僕”だったのも胸キュンの一因!!)

あなたが戻ってきてくれるのを、いつでも、いつまでも、両手を広げて待っていますから

(イントロが「聖子ちゃん」っ!?って一瞬ビビッタのは秘密。笑。だってぇ~、聖子ちゃん出て来そうだったんだもーん。80年代アイドル☆みたいなさ^_^;)


アンコールが『永遠に』(ゴスペラーズ)
これ、泣かずに聴けますかーーーーーっ!!!
(あ、思い出してまた泣けてきた…)

ただでさえ素晴らしい曲なのに(あんまり聴いたことなかったけど。爆)
それを愛するゆみこちゃんの美声で聴けるんですよっ!!
もう、身体の細胞が全部グダグダに分裂させられて、立て直すのが大変でした…

水色・羽背負い(片方の方に)衣装のゆみこちゃんは、清廉な、触れてはいけない尊い空気に包まれていました


この人に出会わせて下さって、神様・ありがとうございます…

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.