宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

肝心の内容がナイヨウ(爆)
初日のザザッとレポに「曲順忘れたー」とか言いましたけど、入場の際にもらった紙にしっかり書いてありました(爆)
あ、いや、ああいうセットリストってないものだと思ってたもんで
こーいうところが、赤坂BLITZのコンサートといえどもヅカだにゃ~と思ったり☆

アルバムの曲順をプログラム組んで、コンサート仕様にするのもいいよねーっ!!(そのうちやる、かな…^_^;)

トークのことばかり書いて肝心の内容に触れてないなぁと思ったので、3公演混ぜこぜ&覚えている限りの、私の感想などを書いてみたいと思います(誰も聞いてねーし。ま、ま、思ひ出っす)

セットリスト
・OPENING
・AQUA FEEL AQUA SOUL
・シラユキ
・なごり雪
・最後の言い訳
・AQUAの地球(ダンスアレンジ)
・Jerry Blossom
・永遠に
・たったひとつのHistory
・ミステリー&ラプソディ
・You are my precious
・TIME TO LOVE
・Water Ring~旅立ちのとき~

・アンコール:言葉にできない
・アンコール2:AQUA FEEL AQUA SOUL

こういう流れでした
トークは『シラユキ』、『AQUAの地球』、『You are my precious』、『言葉にできない』のあとにあったと思います(トークタイム多っ!!笑)

で、えーっと…
正直言って、『最後の言い訳』『You are my precious』『Water Ring~旅立ちのとき~』の3曲が、タイトル聞いてもピンときません・曲聴いてもタイトルとつながりません(・∀・)ノ残念な脳みそっ
こんな聞かせ甲斐のないファンで申し訳ないっす…
歌詞読めばなんとなーくわかるんですけどねぇ~(爆)
だって、舞台観てても歌詞が頭に入ってくるのは後半になってからですから、私(開き直り)

ということで、たたみます(突然っ)<(_ _)>↓↓↓




開演のアナウンスが大劇場のもので、ビミョーに落ち着いた気分になりつつ(いいのか?)会場が暗くなり
ステージ奥のスクリーンにメンバーがドドーンと映し出されました(これがOPENING。アルバムのジャケ写で5から順に)

初日は「ほほぉ~ぉ」、中日は「キャーッ」とか「ヒュ~ッ」、楽はもういろいろ☆、ってカンジの反応でした
(初日に水さん=水夏希さんから「歓声がない」みたいなコメントいただいちゃったもんでね、中日からはみんな頑張ったのよ。あと、中日は友の会の貸切だったからちょっと年齢層低めだった気がする。爆。つーか初日ってだいたい探りさぐりじゃないですか、こっちだって)

1曲目は『AQUA FEEL AQUA SOUL』でノリノリ(死語?)に!!
みんなカッコイイ~・さわやか☆
つーか、マジで、登場からひろみてぃん(彩那音さん)の可愛さ炸裂だったのよねーーー♪
なんか、予想外の展開で(みんなバシッとカッコイイ系でくるのかと思っていた)「きゃ~~~っ♪」でした(オマイ、誰のファン?)

ワンツーは長ズボン(爆)で、若い2人は膝下生脚見せ☆は・はぁ~ん…

始まって2曲の、ゆみこちゃん(彩吹真央さん)の“ヤル気顔”が…恥ずかしかったですっ!!(爆)
基本、草食系男子なゆみこちゃんが、瞳孔開いてギンギン(笑)な目をしてるのも(その目でファンに視線送るとか)、やたらと力の入ったダンスも
なんつーか、こう、こそばゆいっ!!!
ホントにやりたくて楽しくて仕方ないのねー♪ってのが伝わってきて微笑ましくもあるんですけどね(なんだその上から目線…)

『シラユキ』
結局、六本木ヒルズ一夜のために振付けた(歌だけ歌えばオッケーだったけど、結構長い曲でずっと横揺れしてるのもなんだから、そうはいかないっ!ってメンバーが『ソロ・マリ』のときに狭い衣装部屋だっけ?で振り付け、練習した)はずがそのまま残ったんですねぇ~♪
(プログラムにもしっかり“振付:AQUA5”って書かれています♪)

雪の季節は過ぎましたけど、なかなかいい曲ですよね☆
(六本木で聞いたときの第一印象は???でしたが)

2曲歌って、早速MC(早っ)
トークし始めるとフツーにいつもの水さん(水夏希さん)(笑)
あのギャップがいいんだよねー、うんうん

歌コーナー始まりは『なごり雪』
これまた季節外れですけど、曲調は南国ムードなので特に違和感はなし!!(よくできてる~)
ゆみこちゃん・キムちゃん(音月桂さん)のベタなかんじのMC
(みなさんご存知の曲から~、みたいな)
大小の可動式箱椅子が何個か出てきて(キム?ひろみが押してきた)それぞれ好きなように散らばって歌い次いでいました

ここねぇ~…いきなり“萌え”の宝庫なんですよっ(///(エ)///)!!

上手のボックスに、ひろみちゃんのエスコートで座るゆみこちゃん、とか(笑)
「ここ、ここぉ~」ってカンジで座らされたり、ゆみこちゃんが「座ろうかな?どうしようかな?」ってフェイントかけて飛び乗ってみたり、ひろみちゃんが座面をちょっと拭ったりフーフー吹いて「はい、どうぞ♪」だったり

ゆみこちゃんが座ってからは、ひろみちゃんが後ろから肩に手を置いて、2人で揺れてたり
ゆみこちゃんが振り返って顔を見合わせたり

んにゃ~~~っ、なーにイチャついとんぢゃーーーっ┻━┻ミ\(≧ロ≦\)オリャァァァァァ!!ってカンジ(笑)

ひろみちゃんはピューっと走ってキムちゃんの腰に抱きついたり(キムちゃんがちょっと高いところにいたから)
水さんに抱きついたり、抱きつこうとしてるのがバレて逃げられちゃって、でも結局つかまえたり
(あ、そうそう。水さんって結構、パーソナルスペースが広い人だと思うのですが、それでもひろみちゃんはうまいことかいくぐって近づけるのね。笑。さすがの水さんも、楽は自らみんなを呼び寄せて肩組んでたし。「肩貸して」って、男前だったな。笑)

ひろみちゃんの末っ子キャラがいかんなく発揮されていましたー♪

キムちゃんが奥の高いところでニコニコしていたり
ゆみこちゃんがスクリーンに映る雪の結晶に手を伸ばしていたり(後ろ向きでっ!お・おしりがーーーっ♪←アホ)
そんなゆみこちゃんを眺めてたり、ファンと交流してる水さんとか
4人のいろんな顔が見られました

間奏?では、4人が縦列(下手から水・キム・ひろみ・ゆみこの順)になって(でも客には横向きで)肩の高さで伸ばした腕を前の人の肩に乗せて
波みたいに腕をウェーブさせたりグニャグニャしてて面白かった☆

水さん発信だから、水さんの「行くよー!これどうよっ」顔と、真ん中2人のキャイキャイ楽しんでる顔と、最後のゆみこちゃんの「おぉっとぉ~、そうくるか!(ときにちょっと真面目に必死。笑)」顔がツボでした(毎回動きは同じだったんですけどね)
ここではなんだか“お父さん”な雰囲気のゆみこちゃん
(水さんがしっかりお母さん、ゆみこちゃんがのんびりお父さん、キムちゃんが長男、ひろみてぃんが次男もしくはぺッ…自粛、テルくん=凰稀かなめさんが長女な末っ子、ってイメージかなぁ・ワタシ的に)

テルくんがスクリーンに映って、水さんが『なごり雪』の歌詞になぞらえて「テルは本当に、きれいになった☆」「みなさん、そう思いません??」って、あのコメントも好きでした(ちょっとオネエで。爆)

『最後の~』
こういう、じっくり切ない曲をジェンヌさんが歌うってそうそうないので(あ、いや、劇団のセンセが書く詞がヘンテコリンだなんて言ってませんyoっと)
なーんか不思議な気持ちになります

『AQUAの地球』
ここではスクリーンに「Let’s Dancing!!」的な(なんだったかなー??)文字が出て
メンバーが激しく踊ってました☆
(おっ!ちょっとBUGsみたい♪なんて思っちゃった。ま、奴らより格段に美しいですけども~。かっこよさはジャンルが違うので比べられないし)
激しい曲調がダウンして、セルフスローモーションな中、ゆみこちゃんのスプリットが披露されたわけです、はい

このダンスタイムのあとのトークって、キツイよね
キムちゃんとか「ボーボー言ってスミマセンっ!」って謝ってたし(笑)
(ヘッドセットのマイクに息音が入っちゃうのよねー。それまた公演ではありえないから新鮮ですけど☆)
(でも、すぐに呼吸が落ち着いちゃうあたり、さすが心肺・身体機能高いジェンヌさんたちだわ~と思ったり)

Remixな『AQUAの地球』は、CDでは???ですけど、コンサートには必要な編曲だったんだな♪
盛り上がりましたもん☆

「ここからはこの会場のみなさんだけのスペシャルコーナーです」みたいな水さんのコメントがあったのち
キムちゃんとひろみちゃんの『Jerry Blossom』へ
(この水さんのコメントって、どういう意味だかわからないんですよね…。これ以前も十分よそでやる機会のあることじゃないのになぁ。で、どこまでがそうなのか?みたいな。DVD買ったら判明するとかなのかしら???え゛…???)(勝手に言ってます)

なんつーか、“THE・ポップ&キュート”な2人の曲でしたっ(*`ε´*)ノ!!(←怒りたくなるくらいかわいかったらしい)

くるくる表情の変わるキムちゃんと、ニコニコかわいいでもときにシャープ!なひろみちゃんがいいカンジでねぇ~
そんな2人が上手で絡んで、下手で絡んで(言い方ヘン。笑)、きゃぁきゃぁだってのーーーっ!!

英語と日本語の混じった、長嶋さんみたいな歌詞ですが(違)、前向きな明るい歌でスキです
(全部、恋愛とか切ない系の歌だとツライ)

で、どこの大御所登場よ!?(笑)な、ゆみこちゃんの『永遠に』(なにげに1番長い曲だしねぇ~)
(ここから黒いお衣装にチェンジ)
だって、暗いステージに上手奥から出てきて(とにゃみ=元宝塚歌劇団:白羽ゆりさんとのデュエットダンスのときみたいに)後光に照らされながら前進してきて歌う、ってどんだけよぅっ!

ディナーショーとアルバムの中間くらいの『永遠に』でした(ガッツリ過ぎず、スチャラカ過ぎず。笑)
気持ちよさそうに歌うゆみこちゃんは、とっても輝いていたんだなぁ~☆
(本当に、“彩吹真央・歌謡ショー”やったらこんなんだろうな(人´∀`*)キャッ

聞き惚れるってこういうことさぁ~(なぜ沖縄ことば?笑)

そしてオオトリ!(違)な水さんの『たったひとつのHistory』
私、中日に、水さんの歌で初めて泣きそうになりました(初めてって、爆。しかも泣いてはいないらしい…)
なんか、とってもジーン…ときて、しみじみしたんです
とてものびのび歌っていて、その顔が清々しくて
歌詞も、ちょっと重いかんじがしますけど、でも希望に照らされていて
素敵な体験をしました

楽には、間奏に水さんがちょっとポーズとったら「きゃ~♪」、動けば「ヒュ~☆」と大歓声大会で水さんもご満悦☆
パッと見、総スパンのスパッツ!?に見えてドキドキするパンツでしたけど
なんといっても素敵な足首っ!!(また言うか~)
アンクレットが似合う素晴らしい足首ですわよねぇ~(* ̄∇ ̄*)アンクレットになりたい

続いて、みんなそろっての、私の大好きな『ミステリー&ラプソディ』
ここではゆみこちゃんとキムちゃんのサイドが変わるのですが…ワタシ的に(-ι_- ) クックックっす

なんで?って、この曲はキムちゃんとひろみちゃんにお似合いだからっ!!!(爆)
彩吹さんは、いつなんどきでも結構“きちんとしてる”んですよね(いや、そこが大好きなんですけど)
けれどもしかし『ミステリー&ラプソディ』に限っては、歌ってる本人もすっぽりトランスして、ちょっと乱れてくれないとノリきれないわけでして、はい…
その点、キムちゃんとひろみちゃんはスコーンと自分の内に入ってどこかにいっちゃっててくれて(オイ)、気持ちよかった!!

この曲もアルバムで聴いたときには「??」でしたけど、コンサートには必要なテイストだったと思います☆
(えぇ、私、この曲では両手挙げてタテノリしてましたけど、何か?)(挙げるっていうか、前に出す?)

『You are my precios』
は…特にこれといって覚えてることはナイっ!(爆)
たぶん、ひたすたゆみこちゃんの顔を見てたと思われる…

で、水さん曰く、寝てても歌える『TIME TO LOVE』(笑。なにかと歌う機会が多かったですもんね。私も歌えるかんじっす)
「私たちの原点」的なことも言っていたと思います

(思い出したトークネタ)
ゆみこちゃんたち関西人?にとってお水といえば『六甲のおいしい水』で、ゆみこちゃんはそのCMに出られて・ラベルにまでなれたことに大興奮だった!らしい(またお母さんに「電話した」って言ってたな。あんまり連絡しないとか言ってたけど、そーでもなくないか?)

キャラクターに決まって最初に「すごいことだーっ!!!」ってメンバーに問いかけたら、「え?あぁ、うん」みたいな、結構フツーの反応でギャップがあった、と
(大企業さんの商品に、そんな反応だったのはちょっと…と思ったのか。笑)「いや、ね!今は水といえば『おいしい水』!!」とCMのポーズをしてくれた水さんが面白かったです
この話のときのゆみこちゃんの、はしゃぎっぷりったら♪

キムちゃんも「お店にいったらラベルの写真のほうを前にしたりして…」って(笑)

ひろみちゃんは飛行機に乗るときに持っていたら、中身チェックにかけられて(「あ、どうぞ」って、ちょっとダンディに言うひろみてぃんがかわいかったのー)、内心「それ、私です」と思っていたけれど気付かれずにちょっとしょんぼりというエピソードを明かしてくれました(私が係員だったら「ね♪」って目配せしたのにー。つか仕事しろー)

中日には会場にお水を持ってきている人がいて、「2年前の水だっ!」って突っ込む水さんが愉快でした
(重いのによく持ってきましたよね~。実はウチにもまだあるんだなぁ~。消費期限切れたかねぇ?)

5人それぞれ別のパートを歌うのが難しい!って言ってたのを思い出して、「テルぅ~…(ノД`)」と思いました

『Water Ring~旅立ちのとき~』では、楽にまさかのひろみ・キム泣きっ!!
あれ、私も家で声に出して歌ってみたんですけど(なにしてんのよ?)…泣きますよっ!!∩(´∀`∩) ワッショーイ目出度いファンぢゃ~
涙出てきちゃいました、はい
みなさんもやってみて下さい!(え゛)

“彼女たちのために作られた歌”って、いいですね
やっぱり思い入れが違いますもん


アンコールが『言葉にできない』(あれ~?歌わないのかなー?って思っていたのです。ゆみこちゃんの“あ”が聞きたかったので!!)
Tシャツ・ジーンズに着替えてきたメンバーは、なんか、このほうが“らしい”なーって思いました
ゆみこちゃんの、とっても真っ平らな胸部らへんとか、ねー(爆)

水さんにとっては鬼門なこの歌(六本木といい、ねぇ?)
振り付けが、ゆみこちゃんが踊ると体操に見えるのがツボ(爆&笑。表情は歌の世界に入ってるのに、振りはきっちりやっていて、真面目に体操してる人みたいになってたのー。オマイの見方がおかしい件)

アンコール2の『AQUA FEEL AQUA SOUL』では、コンサートっぽい“マイク客向け”(一緒に歌えー)があったり
ひたすら客に手を振る水さんが見られたり
楽しかったー♪♪♪


やっぱり、セットリスト通り曲順組み替えて聴くべきかもー☆

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2009/06/24/Wed 00:19[EDIT]
Re: タイトルなし
ちゃぐさん、こんばんは☆
はい、こちらでも大丈夫です(^-^)
が、メールのほうがもっと大丈夫でした(笑。お気になさらずにぃ~<(_ _)>)
楽しみになさっていて下さいね♪
yuppe | URL | 2009/06/24/Wed 19:44[EDIT]
私も2年前の水まだ置いてあります。
もったいなくて飲めなかったの。
yumi | URL | 2009/06/26/Fri 02:32[EDIT]
Re: タイトルなし
yumiさん、こんばんは☆
コメントありがとうございます
おぉぅっ!yumiさんも取っておいてあるんですね
ラベルだけ剥がして残せばいいか…と思いつつ
それともちょっと違うんですよねー^_^;なのでついつい

どうしましょうかね~…
yuppe | URL | 2009/06/26/Fri 22:30[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.