宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

本場でフラメンコ!!
1番最後の写真…クリックしていただくと普通の尺の写真が出てきます^_^;

観光最終日に鑑賞してきました、本場のフラメンコ!!
って、本場じゃないフラメンコは、ヅカの舞台でなんちゃって~を見たことあるくらいなので
ほぼ初めての体験☆

連れて行ってもらったのは…
『トレス・ベルハメス』という、”国内屈指のレベルを誇るフラメンコの名店”だそうな♪
(帰国してから自分が買ったガイドブックを見直すと、バッチリ紹介されていたという…\(-o-)/)

20:30の開店に入店してディナーをいただき、21:30くらいからショーが始まります

案内された席はなんとっ!舞台に1番近いかぶりつきなテーブル!!
うわぁ~い、楽しみ♪

ディナーは、オリーブの塩漬け・ポテトチップス・クロケットがおつまみ的なカンジで出てきて
スープ(不思議な味だった…。しかも大量)・牛肉ソテー・デザートといった流れ
ドリンクは、食前のシェリー酒・赤ワインのボトル・ミネラルウォーターがセットになっています
デザートが…やばかった~(爆)
桃のパイだったのですが、なぜか真緑のミントソースがかかってる!?
見た目もグロテスクで(スミマセン…)、ちょうどショーも始まってしまったので手付かずでした(-_-;)ゴメン

ディナーからのセットと、ショーから(ドリンクのみ)のセットがあるようで
ショーが始まる頃には店内は満席でした

最初にカンテ(歌)とギターの方が出て来て場を温め
続いて4人のバイラオーラ(女性の踊り手)が…
なんつーか、もう…いきなりけだるい。笑いもしません(゜_゜)そーゆーもんなのねー
結構、なにげなーく始まってなにげなーく終わるのにちょっと驚きました…
「あぁ、客埋まってんね。じゃぁ、踊るから、見てけば?」みたいな(勝手なアテレコですけど)
でも、踊り出したらさすがっ!!
登場のときはニコリともしなかったのに、踊っている間に時折みせる微笑み、陶酔の表情とでもいいましょうか…これにはドッキリしました。色っぽいです…

4人がひとりずつ踊り、4人で踊り…

あのサパデアード(足でリズムを刻むこと)の複雑さ。力強さ!繊細さ!!
驚異のリズム感と再現力です

1人が踊っているときは、ほかの3人は椅子に座ってパルマ(手拍子)とサパテアード(座ってても言うのかな?)とハレオ(掛け声)で盛り上げます
それがまた複雑なわけですが、シレーっとすまし顔で隣の人としゃべりながらやってたりするわけですよ
なんかその、高飛車なカンジがたまりませんっ!!(意外なところでMっ気炸裂!!爆)
(ド素人がヘタに首突っ込むんぢゃないよぅ、的なあしらわれ具合)

って、踊り手さんたちがホントはどう思ってやってるのかなんて、全くわかりませんけどねっ

 肉感的なお母さんから(コラ)スリムな若手(言っても30代)まで
 添乗員さん曰く、ヒロミゴーなバイラオール(男性の踊り手)
何に注目って!!ヒップですよ、ヒップ!!
見事に引き締まり上がったヒップに目は釘付け☆(どこ見てんのよーっ!?)
サパテアードにしろターンにしろ、いちいちキレハンパないっ!
大トリはさらに豪華な衣装で☆
↑↑↑絶対にクリックして、ちゃんとした画像を見て欲しいっ!素晴らしいくびれだから♪
この方は、それほど高飛車なカンジはなく、でもとっても気品ある、触れ難い雰囲気がしました

本場ってこういうことなのねぇ~…と、初めて観るフラメンコが素晴らしいもので良かったです☆


余談ですが…
私たちのテーブルは、写真3枚目左端に写っているカンテの方にいたく気に入られ、バシバシ目線をいただきました♪(笑)
「ぐぅっ(・∀・)b」とか、ウィンクとかされたし~
ガッツリ・ノリノリで観ていたからに違いない(●^o^●)!

全て終わってお店を出たのが23時過ぎくらい…
すると、最初の4人ダンサーのうちの3人も勤務を終えて帰るところでした

…おかんっ!(肉感的なお母さん)
背中をいくつかのリボンで結ぶタイプの、肌見せセクスィ~なお召し物でしたっ!!
大迫力っ☆
さすがです、おかん<(_ _)>ははぁ~
今度、大阪で豹柄スパッツ買って来てあげるっ!(笑)



とっても膝・腰にキそうな踊りですわねぇ~…
恐ろしくてやってみたいとは思いませんでした(-_-;)

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.