宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

懐古趣味 ⑧
記事が遅れ気味で失礼しております~<(_ _)>
ぼちぼちやってまいります☆

あ、4月26日『楽記事いろいろ』に関連記事を追加しました~


『ソルフェリーノの夜明け』『カルネヴァーレ』について、公演中はなかなかツボ語りが出来なかったので
公演も終了し、需要がないとは思いつつ、自分の中でモヤモヤするので
キレイにスッキリ吐き出したいと思います~♪

『徒然』シリーズで書いたことも、また出てくるとは思いますが
そこはサラッと受け流して生温く見守ってやって下さいませ<(_ _)>

では、いってみよー(・∀・)ノ!!

続きまして”エクトールとアンリエットしっぽり~ミーチャ!?(違)”です

たたみまーす<(_ _)>↓↓↓



・いー具合に2人きりになるよねー

・また、「よかった」かよっ!?
 つーか、ゆみこちゃんってば"心配"キャラ3連発!!なのよねー(ヘンリー、ルイス、エクトール)

・このシーンは…いくら大好きなダーリンが出ていようと、ちょっとしんどかったです。突っ込んでる場合ぢゃないくらいにっ!(なのでたいして突っ込めない、と言いたいらしい…)

・あとちょっと♪ってところを邪魔する杏奈シスター
 「2号室の患者さんが」と言われただけで誰のことかわかるなんてスゲー。つか、完全個室ですかっ!?で、"気管の切開"に輸血は勘弁して下さいっm(_ _)m
 しかもそれってナースの仕事なのに、みなこそっちのけで杏奈ちゃんと行っちゃうしっ!
 階段1段飛ばしで走るエクトール先生は素敵(´∀`人)☆

・またまた登場☆、おひょいなハーベルマン
 先生ちょっと、身につまされるお説教だったりして(-_-;)…。初心を忘れてはいけないですね~

・ベタなポロリねたでしたけど(コラ)、マヤさんだから泣けるっ
 (ちなみに、新公のイケメンあずりんハーベルマン先生には、"妻"が殺されたと言ってほしかった…。なんかキュンと来るぢゃないですか~)

・「宝塚は驚いたら3歩下がる!」って笑いながら言っていた、いつぞやのマミさんを思い出す、みなこの後ずさり

・ベタベタですけど(だからぁ~…)、ハーベルマン先生去り際の泣き芝居にウッと来る…

・「廊下に立ってなさーいっ!!」な水さんデュナン(爆)
 ヒーゲーーーっ∩(´∀`∩)ワッショーイ!!
 2日でボーボー、案外毛深いデュナンさん(・∀・)ノ藤井隆かっ!?

・アンリエットはその無精ヒゲにやられたに違いない!間違いないっ!!
 ゆうかちゃん(元ジェン椿火呂花さん)並みにヒゲスキーだな、うん

・「昨日から寝ていないんでしょう??」…
 ん~…アンリエットちゃん、人の話し聞いてたかなヽ(`Д´#)ノお母さん、怒るよ!?
 全世界がツッコミまくって、もう呆れるくらいでしょうけれど…つっこまずにはいられないっ!!!

・終盤、ハーベルマン先生との件からボロボロ涙を流しているみなこがいました
 デュナンさんとのやりとりの最中、”涙を隠さなきゃっ”みたいな雰囲気・そぶりがあって、ちょっと、可愛いなぁ~…と思いました。強がってるけどカワイイぢゃ~ん♪みたいな
 でも、ま、きれいに泣くのは難しいよねぇ~(本人も言ってたけど)

・アンリエットを見守る、「うんうん、わかったよ…」な、優しい微笑みのデュナンさんが素敵でした☆


それにしても…アンリエットが主役なこの場面(エクトール、ハーベルマン、デュナンとの一問一答)、自分との戦いがしんどかったなぁ~…
(みなこだとアンリエットが主役に見えるこの作品。新公はフツーの役に見えたなぁ、それが正しいのかもしれませんけれど、私はやっぱりみなこのアンリエットが好きでした)

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.