宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

懐古趣味 ⑩
只今、実家で絶賛グダグダ中っ!!なyuppeです、こんにちは☆(グダグダはいつもで、場所が変わっただけどいう…)
妹ちゃんのコミック『黒執事』を読破しました30歳d(゚∀゚)スゲー面白れぇ~♪♪
これ、マジで面白いっす!!(遅)
萌えエッセンス満載っす!!(ソコか!?ま、だよねー)


『ソルフェリーノの夜明け』『カルネヴァーレ』について、公演中はなかなかツボ語りが出来なかったので
公演も終了し、需要がないとは思いつつ、自分の中でモヤモヤするので
キレイにスッキリ吐き出したいと思います~♪

『徒然』シリーズで書いたことも、また出てくるとは思いますが
そこはサラッと受け流して生温く見守ってやって下さいませ<(_ _)>

では、いってみよー(・∀・)ノ!!

続きまして”赤十字の旗が出来たどーーーっ!!”です

たたみまーす<(_ _)>↓↓↓




・前場からひとり残って引き続き出演のデュナンさん
 大劇ではこの暗転で鼻を啜ることが多くてツボでした( ̄m ̄* )水先輩、泣きそうだったの?ウリウリ~。そんな隙があるところも好き

・あのピアノの演奏は非常に居心地の悪い、焦燥感を煽りますな

・ドタバタしてるマリアン
 長いスカートをたくし上げて走るので、細い足が丸見えになるのが楽しみ(ヘンタイ)

・『ル・サンク』の誤植…
 ”ジーナ「(出て)負傷者は何人だ?」
 い、いや~…いくらあゆみ先輩でも、そこまで男前ぢゃないですからっ
 ”エクトール”ですよぉ(^_^;)

・じんじんシスター、そんな血まみれガーゼとたらいを持って走って来なくていいよぉ~
 しかも東京公演では、それをエクトール先生に渡すというトッチラカッタことにっ!?
 受け取ったくせに最終的にはみなこに渡しちゃうしさ、ね、まさに”たらいリレー

・ハーベルマン先生…「よし行こう…しかし…」なんて言ってた??(『ル・サンク』より)
 DVDで確認せねばっ(´・ω・`)結構観たはずなのに、全く記憶にないなんて…ショック

・この場面のゆみこちゃんのエクトール声が好きです(´∀`人)いい声だわぁ、うっとりぃ(うっとりしてる場合なシーンぢゃないしっ!!)

誰ともどこからの出血とも言っていないのに的確な指示を出すエクトール先生はスゴイです(・∀・)ノテカラチガデテトマラナイッテワカッテルンダー
 私は大劇の、みなこに指示してる風だけど「あ、アタシ行きます!」な体で違うナースちゃんが走ってくれる演出のほうが好みでした。最初からみなこに行かせるつもりなし、よりはねぇ
 で、同じ患者に対する指示を2人に分散させる意味もわからん。効率悪いー

・ポポリーノが血を吐いたら4・5人で右往左往
 ポポリーノはどんだけアイドルやねんっ!!確かに可愛いけどさぁ~(デレデレ)

・「車です…荷車で運ぶのです…」…だーれーがぁーーー???(爆)
 端から”元気な兵士たち”に手伝わせる気満々ぢゃないかーーーっ!(爆)

・「ここにいてただ死を待つより、やることはやったほうが…」
 やってみてダメだったら仕方ないよねーーー♪的な???(爆)

・ハーベルマン先生に楯突くデュナンさんに、さらに向かって行こうとするグラン先生そらちんがカッコイイ☆
 で、そのそらちんを引きとめるマリアンさゆちゃんが素敵☆
 そらさゆ…おぉ~、いいカポーなんじゃないでしょうか♪♪♪(違)

・って、やんややんやしてる後ろでイチャイチャしないのーーーっ!!
 ゆりんちゃん&ひなちゃん
 またね、「どうなるのかしら?」「行けるのかしら??」な体で、ゆりんちゃんとひなちゃんがくっついていて、ゆりんちゃんがひなちゃんの頭~頬を撫でてるのよぉ~…
 カワイイから許すケドっ!!(結局ソレ)

・前楽で、「オーストリア軍の負傷者も”助ける”のです」って言ったよねぇ~、デュナンさん
 いや、いい悪いでなく、「あり?」って気付けた自分がうれしかったんですの♪
 流れ的に、人を”運ぶ”よりも”助ける”のほうがいい気がするしなぁ

・急におじいさんみたいな言葉遣いになるエクトール先生…

・デュナンさんが閃く演出が…爺様先生っぽいよねぇ~~~
 雷落ちて十字架が光るっ!!とかさぁ

「これはフィクションです!!」って大弾幕を掲げるべきだと思います
 「ああやって出来たのねぇ~」って言っている方を何人かみかけましたよ…
 あれは…捏造ですっ!!

・たらいを持ったみなこを、デュナンさんが「アンリエット!」って呼び寄せるところが好きでした

・血染めの十字を見て驚くそらちんっ!( ̄∇ ̄;)そんなに驚かんでも~

・しっかり広げて押さえろよっ、ひろみてぃん&キング!!

・最後の5日程は、デュナンさんの描く十字は精彩を欠いていましたなぁ…(ビシっとせず、縦棒の最後がツチノコみたいになってることが多かった)(って、これで伝わるのか??苦笑)

・「誰が行くのだ」「私が行きます、行かせて下さい」の件で、ダチョウ倶楽部のネタを想い浮かべていたのは私だけでしょうか??(爆)
 「私が」「私が」「それじゃぁ私も」、「はい、どうぞ♪」ってヤツ(これまた伝わりづらい…(-_-;))
 結局デュナンさんは行かなかった、とかいったらまんまダチョウネタなのになあ~

・ハーベルマン先生とデュナンさん
 関わりは多くないはずなのに、信頼・協力関係が垣間見えていい雰囲気でした
 (新公では感じなかった部分なんだよなあ~。やっぱり本役さんたちはスゴイ!!)

「道筋は私が一番知っています!」
 アンリエットぉ゛ーーーっ!!若気の至りもいい加減になさいよぉぅっ!!!
 おじさんに1回連れて行ってもらっただけなのに、”私が1番”とか、もう、コラ!
 おじさん的には「若いから仕方ないなぁ~」と、生温く見守っているそうです(小耳にはさんだ話)

・アンリエットを引き留めようとする娘役ちゃんたち…
 みーーーんな、みなこより小さくて少女のようで可愛い∩(´∀`∩)雪娘はカワエエのぉ~
 お姉さんなみなこにワラワラ縋りついてて、妹たちみたいなんだもーん♪

・みんなで目配せ相談して協力を名乗り出るオーストリア兵

・相談なしに個人プレーで協力を名乗り出るイタリア兵(ま、そういうわけではないでしょうけれど…)

・「大目に見る」とか、戦争中にないからっ!!

・口数少なく、見守るしかないカンジのエクトール先生が愛おしいです(´∀`人)坊っちゃんの出る幕ではないですだ

・「やりましょう、やってみましょう!」なデュナンさんは、なんとも水先輩らしい感じがします☆


旗を作っている間に30人ほどの負傷者が放ったらかされて、はてさてどれくらい生き残ったのか…
気になるところですなぁ~…(爆)

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2010/05/11/Tue 12:21[EDIT]
Re: タイトルなし
とりぼーさん、よかった!伝わって!!
私の連れたちにはなかなか伝わらず、テレビっ子の自分に凹んだものですが…
わかってくれる人がここにぃ~♪
なんか、損な役割的ポジションでいえば、ヘルディーおじさんが竜ちゃんかなぁ??みたいな(爆)
yuppe☆ | URL | 2010/05/11/Tue 12:36[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.