FC2ブログ
宝塚の彩吹真央さんと、一緒に歩き続けることができて幸せでした

錦鯉
 天王洲アイル クリスマスイルミネーション

『錦鯉』…
なんでこのハコ(天王洲銀河劇場=旧アートスフィア)でやったんだろう?
ってまぁ、北?九州なんちゃら協賛、みたいなことらしいですけど

本多劇場くらいのキャパでやってたら、もっと楽しめたと思います
な~んかもったいなかったなぁ~…

フツーのサラリーマンがヤクザの組長に!?

ありがちながら、いかようにも料理の出来る題材だと思うのですが?

”極道”っぽいところが全く感じられず、フツーのサラリーマンとの対比が感じられない…
フツーから、組の危機でヤクザへ大ジャンプ!という転機がサラリと描かれ過ぎて面白みがない
出所前後での変わり映えがそれほどでもない(大ジャンプの抗争がもとで刑務所に)
堅気になった主人公チームに、親組が抗争を仕掛けてくることに説得力がない
「やるしかない!」って、敵に向かって丸腰で突っ込んでいく心意気はご立派だが、それにいたる心理描写がイマイチ…これも説得力がないんだよなぁ~
結末も、ふ~ん(-_-)…だし

鈴木一真さん、なかなかカッコよかったです。けど、甘すぎる気が…
LIFEの笠原さん(笠原浩夫さん)が、なかなか良かったです(*^_^*)
ヒロシさん(芸人の)は、結構テレビのままだな、と(テレビのときより堂々としてました 笑)
兄弟ヤクザの人たち…もっと面白くやれるはず。ちょっと中途半端
田中美里さんがキンキンうるさい…(少し苦手な声&台詞まわし)
たかお鷹さんで芝居が持っていたようなものですな…

傑作コメディ?ロマン?上半身裸で飛び出す?背中に見たものは?(チラシより)
なんか、宣伝文句が間違ってません!?
まぁ、当初と演出が変わるってこともありますけど…ねぇ…

「ルールとは?」とか「錦鯉」っていうのが生かされてなかったような気がします

「イギリスではつまらない作品では客が途中でどんどん帰っていく。日本もそうならなければ演劇の発展はない」みたいなことを劇評家?が言ってました(何で見たんだろ?忘れてしまいました…)
そうは思いますけど、「もしかしたらこれからスゴク面白くなるかもしれない!」「とりあえず結末が知りたい」「高いチケット代払ってるし」「中座するのはほかの客に悪いし」…などなど考えると、なかなかそれは実践出来ませんよねぇ~…
でも、気分悪くなって時間を無駄にするくらいなら、それくらいしたほうがいいのかも…
(私、観賞後はスッキリした気分になりたい派です)

すっかりテンションが下がりました

それが狙いかっ!?

私には合わなかったです~~~


1階ホールのエレベーター外装のイルミネーションがとてもキレイでした☆

JAIL BREAKERS
 チラシ

待ってましたぁ~~~☆
今年一番!!のG2作品です
G2はこうこなくっちゃ♪

何がいいって、潤さぁ~ん(植本潤さん)♪(はい、主役じゃないですが、何か?)
この方のオールマイティさに感服いたしました<(_ _)>
好きです、大好きです!!
登場からしてツボ。女裁判官だなんて、違反です
そしてフツーにイケてました^_^;
で、本役はキーボード担当の”梅若”
はんなり京言葉の「何やって捕まったのさ!?」なエレクトーンヲタク(笑)
その本当の姿は…おぉ~コワ(秘密です。フフフ)
松岡くん(松岡昌宏さん)とイチャついてましたね(腐女子的見解)
でね、キーボード、本当に弾いてるのですっ!!(幼少時に習っていたんですって♪)
コーラスまで入れて…
あなた、どんだけ才能あれば気がすむの???
もう陥落ですよ、あなたの魅力に(●^o^●)

主演の松岡くん
自分大好き&オラオラな、友達思いの不器用な男子
かっこいいし演じきってましたねぇ~☆
まぁ、当て書きなのでそりゃそうですが…
ドラムもさすがです
作詞・作曲まで手がけて、この方も多才ですな

久保酎吉さん
いいおやっさんです☆先の先の先の先まで見越した”じぃ(通称)”の筋書きに器のデカさを感じました
スティックさばきもイカして(っていまどき言うか!?笑)ます
病気がどこまでホントでどこまでがジョークなのか、ハラハラさせられました
親子の名乗りなくさよならしてしまうあたり、切ないなぁ~…

河原雅彦さん
おいしいなぁ~、おいしすぎるっ!!
女装の伏線、私、うすうすわかっちゃいましたけど(笑)
ってか、ゴスロリにしてもチャイナにしても、似合ってて悔しい…(-_-メ)

久ヶ沢徹さん
私にとってけっこう久々かも~、久ヶ沢節!!
この、のほほ~んとしつつ毒気をはらんだ、ココ一番でアツいキャラがいいんですよねぇ~~~♪

ほかの出演者のみなさんも素敵でした

いやぁ~~~、本当に観て良かった☆★☆
3階席に空席があったのが不思議です
観たほうがいいですよぉ~!!

夏の夜の夢
 チラシ

今日観た『夏夢』は”劇団昴”の公演です

昴といえば、そう、LIFEでヘレナを演じた坂本岳大さん(ブログ始められましたね。面白いです♪)所属の劇団ですね

この作品、本当に楽しいお話です
若い2つのカップルのドタバタが面白かったぁ~
女性がやっても、ハーミアはスゴイお転婆さんなんだ(笑)!!
小さいハーミアと大きい(スラリと)ヘレナ
小さいvs大きいの戦いでした

こちらの作品がスタンダードなのか
はたまたスタンダードなんてないのか
2作品しか観ていないのでわかりませんが…
「こういうのが『夏夢』なんだなぁ~」って納得できてよかったです


あとは好みの問題ですが…
私はLIFE版のほうが「好きですっ!!」(●^o^●)

'70年代のアメリカンポップスをつかった点も
オーベロン&ティターニアほか2組のカップルのキャラクターも、思い合う様子も
職人集団の劇中劇も
そして何より、シーシアスとヒポリタの表し方が
LIFEのほうが心に響くなぁ~…と思いました

なんか、イジワルだったんですよねぇ~
シーシアスとヒポリタ、2組のカップルが…
きっと原作がそうなんでしょうけど、劇中劇を観ながらちゃちゃを入れるんですよ。「観てられない」とか「ひっこめ」とか…
言われているほうも最後までおちゃらけで凹んではないので、それほどかわいそうにはなりませんでしたが
上層階級が下層階級を見下す!感が丸出しで、ちょっと不快になりました

LIFEのほうでもヒポリタが「無理をする姿を観るのはかわいそう」みたいな蔑んだこと言ったり、「もういいわ」って席を立ちそうになったりしていましたが
シーシアスが「愛する村人が一生懸命やってくれるのを見守ろう」的なあったかいことを言って、ヒポリタが自分の了見の狭さを悔いる様子があったり
次第にヒポリタが劇に引き込まれていく流れが良かったなぁ~と
劇中劇も最後はシリアスに締めてくれていたのが良かったし

でも、観て良かった♪


ロビーには脚本・演出の三輪えり花さんがいらっしゃいました
写真よりキレ~☆
細くて姿勢が良く、素敵でした

劇場(三百人劇場)は小さいながら椅子の質も良く
小さいからこそ役者が身近に感じられ
いい劇場でした
老朽化のため、とかで今年いっぱいでの閉鎖が決まっています
残念ねぇ~…

初巣鴨☆もなかなか楽しかったです♪

獅童流森の石松
 幕間緞帳

あぁ~…そういうことですかぁ~
な、作品でございました<(_ _)>(!?笑)

終演後はスッキリした気分で帰れたので「金返せ!」とは言いませんが(爆)
”芝居”と思って観に行ってはいけません(-_-;)

中村獅童エンターテイメントショー☆を観に行くつもりでいると
とても楽しめます♪
正直、なんでコレを演舞場でやるかなぁ~?ってカンジ
ノリ・出来・規模的に、新宿コマがちょうどいいでしょう(コマを馬鹿にしているわけではありいません。立派なハコです)

ズバリッ!!
一幕はいらないですね(現代人が江戸時代にタイムスリップして、獅童さんが石松・橋本じゅんさんが松五郎になって…。最終的に現代に帰ってくるわけでもないし…。この脚本で休憩30分含む3時間30分は無駄に長い)
っていうか、最後の1時間だけが見応えがあります

タイムスリップしたんだから、石松がどうやって死ぬか知っているわけで、それを避けるように立ち回れば死なないですむ!と踏んでいたけれど…はたして?、と

クライマックスの殺陣はすごかったです!
笛の音の静かな音楽の中、凄惨な殺し合いですよ
石松がどんどんズタボロになって、髷もほどけ、汗まみれ、血みどろで
何度斬られても息耐えずに”おふみ=許婚(高岡早紀さん)”を守り抜こうとする…
足元もおぼつかず今にも倒れそうなのに、気迫で敵を圧倒し、気力で立っている姿は美しいとさえ思いました
さっきまでチャラチャラしていた人とは思えません。ここが獅童さんなんだろうなぁ
橋本じゅんさんも流石!!新幹線仕込みっていうんですか?顔に似合わず(大失礼!)かっこよかったです
高橋和也さんも、すてきな俳優さんですねぇ~
ま、3人とも声が枯れ枯れでしたけどぉ…

布で波を作っての水中殺陣シーンは面白かったです
浮上する際に水を噴いたり、魚の人形を咥えていたり^_^;


おふみの腕の中で石松が息耐えたところで大団円♪
フィナーレショーの開幕♪
♪い~い~い~、石松ぅっ!!サイコー!サイコー!♪

あれ~?どうなってんの??って流れでしたが、そこはもう深く考えず、ノッたもん勝ち☆

艶ある声のあっちゃんさん(深沢敦さん)はキーボード
高橋さんはギター?ベース?
八十田さんがドラム
長谷川さん(元ジョビジョバ)はギター?ベース?
ヴォーカルはもちろん…中村獅童!!

話の内容は特にないし、場面展開(セット入れ替え)も間延びしてたけど
楽しくなれたから、ま、いっかー☆でした


ちょこちょこ出てきた飲酒ネタは…自虐的過ぎて笑えませんでした
ってか、今のご時勢、笑い事じゃないですから、飲酒運転(-_-メ)!!

夏の夜の夢 しつこいよ
今日は一日中…

『夏夢』モード!!

仕事していても、ご飯食べていても、今だって
頭の中では”夏夢ソング”がグ~ルグル♪

ティターニアが歌い、高笑いしてるわ

妖精たちがかわいく踊って歌ってる

ディミーなんて奥田君と楢原さんが交互に出てくるし

ヘレナがWで、歌いながら迫ってくるの~


すっかり『夏夢』に侵されております…
うれしい&楽しい♪

けど、困る
…だってこうなると、なかなか公演のことが忘れられなくて
また観たい気分になっちゃうんですよねぇ~


とりあえず、パンフレットの歌詞を見ながら、ひとり歌います(爆)
Copyright © 煩悩の渦のまにまに. all rights reserved.